HOME > おなかの悩み > 胃が痛い時の対処法!胃痛に効果的なツボや飲み物、食べ物7選

胃が痛い時の対処法!胃痛に効果的なツボや飲み物、食べ物7選

胃が痛い 対処法

胃が痛くて辛い。急な痛みをなんとかしたい。ストレス社会で生活していく中で胃痛は現代病とも言えます。

近所のヒロさん
ストレスを感じるとすぐに痛くなるのよねぇ

そんな胃が痛い時の対処法!胃痛に効果的なツボや飲み物、食べ物を紹介したいと思います。

胃が痛いと集中力もなくなりますし、大事な時に限って緊張から胃が痛くなったりすることもありますよね。仕事中でも、外出中でも場所を気にせずできる方法もありますので、覚えておくといいと思いますよ!

学生のしーちゃん
緊張した時に使いました!知っててよかったよ

今回お伝えする対処法は、8つ!どれも簡単に行うことのできるものなので胃が痛いときに試しましょう♪

スポンサーリンク

 

 

胃が痛い時の対処法で効果的なツボ3選

ツボ

1.胃痛に効くツボを押す

身体中にたくさんあるツボですが、胃痛に効果があるツボだけでも11個あります。その中でも効果的なツボを3つ厳選してご紹介したいと思います。
<合谷-ごうこく>
手の甲にあるツボです。親指と人差し指の骨が合流する辺りの人差し指よりに、触ってすぐに分かる窪みがあると思います。そこが合谷です。5秒押して5秒離す、を繰り返して押しましょう。少し痛みを感じるくらい強めに押すことでより効果が出ますよ。

<内関-ないかん>
手首を曲げた時にできるしわを目安に指3本の幅分肘側に位置し、腕に縦にはしる2本の筋の間にあります。内関を肘に向かって圧をかける感じで5秒間少し強めに、7回くらいを目安に続けて押しましょう。

<中カン-ちゅうかん>
おへそとみぞおちの間にあるツボです。目安として、おへそから指4本の幅分みぞおち側に位置します。このツボは結構表面に近いので、圧力はそんなに強くなくても大丈夫ですよ。親指よりも人差し指か中指が押しやすいと思います。指の腹で押していくと、一番表面の次に弾力のある層を感じると思います。息を吐きながら5秒くらいゆっくりと押してゆっくり戻し、7回くらい繰り返しましょう。

スポンサーリンク

胃が痛い時の対処法で胃痛を和らげる飲み物、食べ物

検査 簡単

胃が痛い時って食欲も減退して何も食べたくないことが多いですが、空腹状態もよくありません。

空腹時でも胃酸が分泌されますので、胃酸が濃くなり余計に胃が荒れてしまいます。胃に負担がかからない物を選んで食べるようにしましょう。

2.温かい飲み物を飲む

あったかい飲み物

胃が痛い時には基本的に熱すぎたり冷たすぎる物はよくありません。常温~少し温かい程度のものを飲むようにしましょう。

飲み物の種類は以下のものがおススメです。食欲が無くて無理に食べるのも辛い時は飲み物でカバーしましょう。

  • 白湯

お水を沸騰させてから温かい程度まで覚ましたお湯ですが、胃酸を薄めると共に身体が温まって代謝もあがります。
血流も良くなって胃の痛みの緩和に繋がります。水道水は弱アルカリ性である為、胃酸を中和してくれます。それならアルカリイオン水ならもっとよさそうですよね。
アルカリイオン水を沸騰させてしまうと、水そのものの栄養素を壊してしまいますので、アルカリイオン水を飲むなら常温でそのまま飲んだ方が良いでしょう。

  • 番茶

番茶はカフェイン量が少なくカテキンが多いのですが、カフェインは胃に対して刺激物になりますので摂取は控えなければいけません。
その反対に、カテキンはタンニンの一種であり、このタンニンという成分が胃痛緩和に働きます。ただしタンニンは鉄分の吸収を抑えてしまいますので、貧血がある人は番茶を避けて白湯にしましょう。

3.温かく柔らかい食べ物をとる

柔らかい食べもの

胃に負担がかからない様に、柔らかくて温かい食事をとりましょう。細かく刻んだり柔らかく煮たりして消化しやすい状態にしましょう。

さらに味付けも薄くして、熱すぎない温かいものが胃腸にとって優しい食事といえます。赤ちゃんの離乳食なんかを思い浮かべると分かりやすいかもしれませんね。

より詳しい胃に優しい食事のとり方を知りたい方は、こちらに答えがあります!!

ご飯を食べると胃が痛い胃潰瘍に優しい対処法!食事レシピ付き!
ご飯を食べると胃が痛い 胃潰瘍 レシピ

スポンサーリンク

 

胃が痛い時に胃痛を抑える対処法

対処法

急な胃の痛みを今すぐなんとかしたい、という時に腹式呼吸やお腹をさすることは場所を選ばすいつでもさっとできる対処法ですね。

また、胃が痛む時はとりあえず胃に負担をかけないのが前提で、身体を温めると良いですよ。胃の痛みの根本的な原因はストレスが絡んでいることが多く、ストレスからきている痛みなら尚更温めることが効果的です。

腹式呼吸

まず背筋を伸ばして正しい姿勢をとりましょう。座っていても立った状態でもどちらでも大丈夫ですよ。

お腹に手をあててゆっくり鼻から息を吸いましょう。この時お腹が膨らむのを意識しながら吸い込みます。胸や肩が大きく動いていたら正しく腹式呼吸できていませんので、その辺りも意識してみて下さいね。

ゆっくり深く息を吸い込んだら、ゆっくりと口から息を吐き出していきます。この時は逆にお腹が凹んでいくのを意識してふーっとしっかり吐き出します。

吸い込む時間よりも吐き出す時間をやや長めにするように呼吸するのがポイントです。5分くらいは腹式呼吸を続けてみてください。息を吐き出すことが、リラックス神経である副交感神経の働きを優位にさせます。

身体がリラックス状態になり、胃痛も除々に治まってくると思います。

反時計周りにお腹をさする

胃が痛いと、ついつい強く押してしまいますよね。しかしそんな時は胃を押すのではなく、お腹を反時計周りに優しくさすりましょう。

腸はお腹の右下から時計回りにありますので、その働きを抑えるように反時計回りにさすります。

胃腸の働きを抑制する効果がありますので、痛みの緩和にも繋がります。

局所的に温める

温める

カイロや蒸しタオルなどで、みぞおち辺りや胃の裏を温めましょう。胃は体内でも最も高温な場所なのですが、身体が冷えることにより働きも悪くなります。

温めて血行をよくすることにより胃通緩和に繋がります。

半身浴をする

38℃~40℃くらいのぬるめのお湯に胸下あたりまでつかり、長時間ゆっくりと温まりましょう。

身体の芯から温まり、血流がよくなることで胃痛緩和に繋がります。

しかしここで注意しなければいけない点があります。半身浴後すぐに食事をしたり、食後時間をおかずに半身浴をするのは避けましょう。

食後本来胃へ集中するべき血液が末端へ散ってしまい、消化不良を起こしてしまいますので、食前食後2時間くらいは空けた方が良いですね。

 

 

 

急な胃の痛みを緩和する方法をご紹介しましたが、胃痛は一時的な痛みで終わることは少ないと思います。痛みが緩和されても、また痛みが出てくると思います。

痛みを我慢するのは辛いことですので、できるだけ緩和療法で和らげ、早めに受診して下さいね。どんな病気が原因で痛みが起こっているかはっきりさせて、適切な治療をしましょう。

LINE 友だち追加

この記事にコメントを書く

コメントを残す

-->

運営者情報

Information

Lisukaraへようこそ。
鍼灸師・柔道整復師である私は、整形外科と脳神経外科での勤務経験を活かした健康情報を皆様に提供します。このサイトを訪れてくれた方は、「自分のことは、できるだけ自分で治したい!」「今ある症状は大丈夫なのだろうか?」など悩みを持って訪れたのだと思います。安心してください。ここでは、長年の経験から、実際の現場で使われている治療法やみんなが知らないような最新の情報をまとめて皆様にお伝えします。今一度、ご自身の体の悲鳴(症状)に耳を傾け、上手に身体と付き合っていきましょう。